FC2ブログ
topimage

2019-10

戯れ言 - 2019.01.20 Sun


最近思うこと

活動してきて何より嬉しいこと
作品を観て心をゆらゆらして頂くこと。
私が散らせておいた欠片からどんな結晶を作ったのか見せて頂けること。


自分の作品から色々考えて頂ける機会が増えてきておりまして、こんなに嬉しいことはないですね。
本当にありがとうございます。



私自身、作品について事細かく語るのは得意ではありません。
描いた者が語ると、受け取る側の自由が無くなってしまう気がしてならないからです。



これはあくまで、夜々の作品の在り方 なのですが
作品の伝わり方が
なにが正解で なにが違うのか
なにが正しいのか 間違いなのか
そんなもの 要らないんです。
貴方が私の作品を観て
【こうなのかな?】
【こういうこと言いたいのかな】
そう考えてご自身が辿り着いたモノ、それで良いのです。

明確にしたいことは言葉やモチーフ等で欠片を散りばめたりしておきますが
そこからどれを拾っていくのかは
ヒトそれぞれで良いと私は思って創ってます。

何を拾ってどんな結晶(感想)になったのかは見たいので、見せて頂けると嬉しいなぁと常に思っております。







私の在り方についてもちょっと言わせて頂きますと
夜々という存在は
作り物の優しい夢や現実にある苦しい悪夢をお見せしたりするし

夢のような存在でいいと思ってるんです。

誰かにとっては悪夢かもしれないし
誰かにとっては吉夢かもしれないし

夢って忘れちゃうでしょ?
でも忘れたくないって思ってると忘れない
忘れたいのに忘れられない時もある


そんな感じでいいんです。

忘れちゃうヒトは忘れちゃうだろう。
でも
忘れたくないって思ってもらえたら
最高に嬉しいし
好きすぎて忘れられないなんて思われてたら
愛しい

そうでいい。




今後はもっと大きな活動にする。
私は居続ける。存在し続ける。
でもそれを覚えているのか忘れちゃうのかは
お任せします。


あ…居続けるから忘れちゃったヒトは
ひょんなことから戻ってきちゃって思い出すかもしれないですね。

そしたらまた『こんばんは』って挨拶しましょうね。



明けない夜はないと言いますが

飽けない夜もありますよ。




語りすぎた気がします。
描きます。描きましょう。
スポンサーサイト



20181231 - 2018.12.31 Mon

1年も終わってしまいますね。
最近制作も別の仕事も奮闘している夜々です。



今年は色々ありました。


今年【も】ですね。

とりあえず振り返りますと

コミティアに初のサークル参加
クロノサバト参加
デザフェスお手伝い
初の二人展(しかも2ヶ月間!)
初のカワハロ参加


大きいのだとこんな感じでしょうか。

今年は一人で何かを成し遂げるとかではなく
周りの仲良くしてくださってる方々とよく関わって一緒に何かをするという一年になりました。

沢山のこと勉強になり本当に充実してました。

クロノサバト然りカワハロやデザフェスお手伝い然り
二人展、CMアニメーションも作って頂けたりと
沢っっっ山の方々にお世話になりました。
ありがとうございました。


これからもお世話になりますが仲良くして頂けると嬉しいです。



皆様良いお年をお過ごし下さい。
心よりお祈り申し上げます。



















………ここからは 私情です…………………………


つらつらと何にも気にせず書きます。







Twitterで毎年お年賀云々言っておりましたが
喪中となってしまいました。



春に癌と言われた祖母は

二人展の第一幕終了と共に

アチラのセカイに旅立ってしまいました。



二人展開始前に
病院へお見舞いに行ったときには
もう祖母は声を出して話すことは出来なかったけど
作品の『ボクノコト』を読み聞かせてみるとちゃんと笑ってくれました。

毎月会いに戻っては東京へ帰ってたんですが
その帰り道だけは
もう会えない予感がしてしまい
声を荒げて泣いて
怖い思いを胸に東京に戻りました。

予感はあたってしまう。
辛いですね。




長年受け続けたギャクタイやイジメや色んなことから救ってくれた祖母は
私にとっては大事な柱のひとつで

率直に【無理だなぁ。これ。】とか思ったりしてました。

棺に小さなクマさんのぬいぐるみを一緒にいれて
絵本も入れて
一緒に燃えていきました。

母と二人だけで火葬式を終えて病院に行くと

病室からはどんどん出てくる私があげた沢山の落書きや作品。
母からは
『きっとこんな風にあなたの作品がどんどん溜まっている人は他にもいるんじゃないの?』と
泣きながら笑って言われました。

そんなこと、私が1番分かっていたはずなのに。

やめようかなとか
無理だなとか
なに甘ったれた無責任なことを思っているんだと病室に残された作品を見て改めて自分の愚かさに気付きました。


私は 夜々なもんでして。
誰かの為に笑うなんてことは
容易いもので。
ユメを見せる奴が格好つけなくてどうするの。と言い聞かせて。

ちゃんと立ち直し皆様にお辞儀をするくらいにはなんとかなりました。
作品を買ってくださってる皆様には本当に本当に頭が上がりません。



上手に笑ってたけども バレる人にはバレていたね。
そこはもう、流石としか言えないんだけど。



もし、なにかに気付いたらこっそりと教えてね。




自分のこと語るのは苦手。
だからこれはここだけで。

外には持ち出さないで。
ここだけ。

ここだけでね。



また来年、オモシロイの見せたい。
個展も場所取りました。
来年の目標も決めました。
画集も動かしています。

完成を待っててくれると思ってます。
私のことが好きな人たちを私は信じてます。


いつもありがとう。
これからもどうぞよろしくおねがいします。

二人展を一緒に走った方の話  - 2018.10.17 Wed

二人展 無事に終えました…
9月から本当に沢山の方にご来場頂きまして
改めてありがとうございます。




ちょっと長々と私が尊敬してる方の1人であり、今回一緒に二人展を走らせて頂いた松戸さん(Twitter @matsudohatsuta)
についてお話します。



今回松戸さんとだから二人展やれたのは私も同じくでして。
やろう!と声かけて頂けたのは本当にビックリしました。
『え?私ですか?!いいんですか?!』って本気で夢かな?と思ってたら

始まって、終りました。
なんかもう色々と助けられすぎて
おんぶに抱っこに、更にお姫様抱っこまでされてたくらい…。
本当にありがとうございました…。



松戸さんの作品の凄さは読んで頂ければ伝わりますが…
ありとあらゆるシーンの描写が素晴らしく自身の世界を愛してるのがガンガン伝わるんです。
絵の上手さ、デフォルメの仕方のセンスは当たり前に、もっと別の所(表情や髪の流れや空気感やら)からも出てくる愛情や丁寧さや繊細さ。
グッズに関しても私は幾度となく『そんなの作れるの!?』とか『アイディアの塊か』とか思ったり。デザインセンスもスケッチも松戸さん本っ当に凄いんですよ。
尊敬してる部分多すぎるんです。

だからこそ、昨年の松戸さんの個展が終わった時…活動に苦しんでいることを見ているファンとしては複雑でした。
会って遊んだりお話したり辛そうなのも少ないとは思いますが見ていたので消えたい気持ちも知っていました。が。
私はとにかく松戸さんに消えてほしくなくて。


もっと続きや描かれる世界を見たい気持ちが強すぎて
『休んでもいい、待ちます。でもやめないで欲しいです』って嫌われる覚悟で緊張しながらではありますが直接目を見て伝えてました。


でも今思うと伝えて良かったような気がしてます。
こうして二人展走りきれたので…。




普段から松戸さんには色々見抜かれてるなぁってこと多くて、今回も実はちょっとギクリ…としたこともあったんですが……。


あぁ、流石 探偵はつたさんだなぁ……。なんて思ったり。




初めて一緒にカラオケ言った時に
『これ夜々さんぽいなぁって』と言われてどんな曲だろうと思ったら
SEKAI NO OWARIの【ピエロ】で
歌詞見ていやーんバレてるーって思った共に
帰り道で泣いてました。
号泣で帰るなんてことあったんですよ実は。




松戸さんに対して色んなことがあるのですが
このくらいにして…
一先ず、本当に本当にありがとうございます。
これからもファンとして作品を楽しみにしております。
また丁寧に描かれた松戸ワールドに連れてってほしいですし

ちょっとまだまだ二人とも忙しないけれど
また沢山笑いながら歩き回ったりしたいなぁ。


松戸さん沢山沢山ありがとうございます。

 - 2018.09.02 Sun

お久しぶりに書くブログ
最近暇がなかなか見付からない…。






たまに祖母のこと気にかけてくれる方がいるので書いとこうと思い。
自分のためにも。


今は大丈夫。大丈夫です。
痩せ細って点滴しておりますが
プリンとかスープとかは口にしているようなので


せめて、せめて平成から次の元号を迎えるくらいまでは

いや ずっと 見ててほしいです。



荒れに荒れていた私が
自分に厳しく人に優しい人物であろうと思ったのは
確実におばあちゃんの影響です。






因みにおばあちゃんはクマさんのことを
蝶ネクタイがかわいいからという理由で

ちょーくんって呼んでます。
たまに水玉ちゃん……そのうち たまちゃんとかになりそうな……。

そういえば
他の方はなんと呼んでくださってるのか
気になります

新しいこととイベント感想と - 2018.04.10 Tue

アーティズムお疲れ様でした
通販も沢山のご注文本当にありがとうございました。


今までで一番の売り上げになり
手にして下さった方ひとりひとりに感謝でいっぱいです。

イベントは終了まで色んな方が遊びに来てくれてニコニコしっぱなしでした。



開始早々は折角早くから来ていただいたのにバタバタとしてしまい申し訳ございません。

お一人お一人が
お会計を『ゆっくりでいいですよ』とか
精算だけ済ませて『あとで取りに来ますね』とか
大変気遣って下さりまして
とても嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

今後はもっとスムーズに、丁寧に応対出来るように致します。


通販も沢山の方から届いたー!とか感想とか頂いて
胸がほくほくしております。
やるぞってなります。
本当に有り難うございます…!


▼▼▼▼▼▼▼

今後ちょっとだけイベント出展を休憩して
作品のご依頼承りますとかそんなの募集してみまようかな…とかの~んびり考えております。

ご依頼して下さった方へは勿論原画を額装してお送りするオーダーメイドの原画販売。

お値段は作品サイズとオーダーされる絵によって変動…。

うーん…どうなのでしょうか。
需要があればとても嬉しいのですが。
個人様からの依頼だと自分が描かないような感じだったりするのかなとかスキルアップするかなとか……

やったことないからやってみたいですね。
5月末とかから出来るかな。



マリーちゃんの絵本は体力的に延期で
一先ず自分のペースで描いて描いて描いた画集を出そうかと企み中

画集というけど絵本チックな画集かなと。
またそれで何かしら展示会とか開けたらいいですよね。




自分の原画を売ったり
絵本や作品集を売ったり
たまにイラストの依頼とかきたり

趣味でなんとなくとかじゃなくて
画家のように生きていければいいな と。
絵や自身に纏わるなにかだけで生きていくことがどれほど大変か
そもそも私がなれるのか。


それでも
言葉にして

なりたい。
なりましょう。

日々精進
慢心することなかれ ですね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

夜々

Author:夜々
仄暗いリアルなテーマをファンタジーな物語し絵を描くモノ
優しさのある暗さを目指しています
人外仮装が趣味なのでたまに写真載せたりします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
感想 (4)
ぼやき (5)
作品や解説 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR